人気ブログランキング |

ドイツのサンタクロース。

もう少し、クリスマスについてのお話を。
ドイツでは、24日のクリスマスイブには、なんと!赤い帽子のサンタさんはやってきません。代わりに何がやってくるかというと、「クリスト・キント」と呼ばれる金髪の髪の長い天使。イブの夜に、贈り物を置いて、置いた合図に美しい鈴の音を残して去っていくそうです。

では、サンタさんは??というと・・・

クリスマスの前、12月6日にまず、「ニコラウスデー(Nikolaustag)」がやってきます。そこで出てくるのが、聖ニコラウス。彼は、貧しい人々に施しを与えたということで、サンタクロースのモデルになった人物だそうです。なので、サンタさんらしき人物が出てくるのは、クリスマスイブのだいぶん前、12月6日ということになります。6日の前日の夜、子ども達は靴を磨いて、窓辺やドアに置くと、そこにお菓子をニコラウスが置いていってくれるとされています。靴下の中にプレゼントを残していってくれる・・・という今の風習はここから来ているようです。
なので、ドイツの子ども達は、クリスマスの時期に、実はプレゼントを2回ももらっているのです。これには、びっくりしました。12月6日に突然、娘にお菓子を下さる人が居て、ん?なんだこれ??って。(笑)
最近では、海外の影響もあって、24日に私たちが想像するようなサンタクロースも訪れるようですが、もともとは、ドイツのクリスマスイブには、サンタさんはやってこなかったようです。とても意外ですよね!
d0066341_23561941.jpg
    ドイツの伝統的な木組みの家。中にろうそくを灯せる様になっています。
     昨日、クリスマスグッズと一緒に出し、早速火をつけてみました♪