ラーケン王宮の巨大温室。

ちょっと思い出したので、ベルギーのお話を。
ベルギーの「ラーケン王宮の王宮温室」ってご存知でしょうか?
18世紀末に建てられた、アールヌーボー朝の「ガラスの宮殿」。温室では世界最大だそうです。アフリカや世界各地からさまざまな植物が集められ、レオポルド2世という聡明な王と一流のガーデナーにより、作られたすばらしい温室だそうです。数年前、NHKの特集で、川島亜矢子さんが紹介していたのを見ました。
「アザレア」ってお花ご存知でしょうか?あのお花は、このレオポルド2世がこの温室で、掛け合わせて作ったお花だそうです。TVで見る限りですが、まぁ、それはそれは、すごい温室でした!当時は温室内でパーティとかしたんですって。なんて優雅なんでしょう。王様のやることは違いますね。迫力が違う!

ベルギーへ行ったときに、ぜひ「ガラスの宮殿」を見てみたくて、覗いてみましたが、年に2回の王宮温室公開日は、一週間前に終了・・・こんな機会、そうそうないのに、一週間前だと言われると、ますます残念・・・;;結局、見えたのは、道路からちょっとだけ覗いている、ガラスの温室の頭だけ・・・。(^-^;)
あぁ、生きてるうちに、一度でいいから見てみたいなぁ~ 
d0066341_16305984.jpg
ブリュッセル公園にて。よく見えないと思いますが、中央で人形劇をしています。現地の人達はこうやって公園を楽しんでいるんですね。
[PR]
by sakura42499 | 2005-10-18 16:57 | 海外旅行。