「はじめてのこうさくあそび」 2

先日、紹介させて頂いたnoninokoさんの「はじめてのこうさくあそび」の本。
SAKIの作ったこうさくを少しだけご披露。
d0066341_2232163.jpg
まず、こちらは、タングラム。
本では、フェルトを切って作っていましたが、たまたま行った百均で、リバーシブルのマグネット板を見つけたので、それで作ってみました。本にある模様を作るのは、なかなか頭を使います。固い頭をやわらかーくしないと・・・
SAKIはというと、思い出したかのように、時々冷蔵庫に張り付いて、模様を作っています。
「できたー!何だと思う?」と聞かれると、「ん~~~っ・・・・・・・?」とまだ言葉に詰まるものばかりですが。(^-^;)
d0066341_22323818.jpg
こちらは、お腹にあかちゃんが居る、お母さんのモービルです。
お腹にいるあかちゃんは、よく見ると顔だけです。(笑)

今は、ものがたくさんある世の中だから、おもちゃの与え方、すごく考えます。おもちゃは買うばかりのものでなくて、自分たちで作れるんだって、気が付いて欲しい。そのきっかけにこの本がなってくれたらいいな。

1歳くらいまでは、「おもちゃがたくさんあるほうが、刺激があるほうが、いいんだ。」って思っていました。初孫というのもあって、あまり気に留めないでいると、おもちゃはたくさん集まってくるし。(これは未だにですが。^-^;)
・・・けど、たくさんあるからたくさん遊ぶ・・・ってわけでもないんですよね。気の多いSAKIにおもちゃをたくさん与えると、気が散るばかり、部屋が汚れるばかり・・・ということに気づいてしまった。(苦笑)それ以来、SAKIの部屋には、あまりおもちゃが出してありません。

でも、それでもなんやかんやと遊んでいるんですよね。
積み木を電話に見立てて、「もしもし?あ、電話、間違ってますよ!」とかやってるし。(笑)おもちゃを与えすぎない方が、想像力がたくましくなる、そんな気もします。
[PR]