<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0066341_8581128.jpg

感動した言葉。
我が家のトイレに貼ってある「5つのやくそく」です。

心は、人のいたみをわかるために、つかおう。
目は、人の良いところをみるために、つかおう。
口は、人をはげます言葉や、感謝の言葉をいうために、つかおう。
耳は、人の言葉を最後まで聞いてあげるために、つかおう。
手足は、人を助けるために、つかおう。


忘れている、シンプルなこと。
トイレに行くたび、我が身を振り返りますが、なかなか。。。
皆が、こんな気持ちで毎日を過ごせたら、
きっと世界は変わるかも!
[PR]
先週、前回の梅干し作りに続き、本番の梅5キロ漬けました♪
さて今回は、私なりの梅干し作りのコツをちょっと。

そもそも外せないのは、美味しい梅を選ぶ...というところ。
(これはコツではないんですが;)
梅干しを作る技ではなく、おいしい梅を作ってくださったプロの方の力がやはり大きいのです。
今回は、ジョイファーム小田原さんの「曽我の梅」を使いました。

で、届いてからの我々のできるところのコツを少し。
私は、届いた梅の熟成度をなるべく、均一にする努力をします。

完熟梅を注文しても、まだすこし青かったり、もう黄色く漬け頃になっていたり、と差があるんですが、それを冷蔵庫を使って調整します。
青いものは、青いところを上にして、ざるに並べて部屋の中で、様子を見ながら熟成。
黄色いものは、しばし待っていてもらう為に、冷蔵庫にいれます。
d0066341_9574589.jpg

で、こんな感じに、なったら漬け頃。
全部の梅がおいしく出来てほしいから、このちょっとの努力。これでいい感じになる気がします。もしこれから梅干し作られる方がいたら、ぜひ試してみてくださいな。
d0066341_1003186.jpg
ヘタをほじほじして...
d0066341_1002875.jpg
こんな感じ。この作業、我が家の子供達大好きで、取り合いでやってくれます。子供でも簡単にできるのと、梅のいい香りがたまらないみたいですね。

この後、梅たちと直接触れる用具を、しっ〜かり焼酎で殺菌して、
梅の量に対して、塩13パーセントと氷砂糖10パーセントで、漬けます。新聞のような通気のいいもので、ホコリが入らないようにフタをします。
通気を悪くすると、カビてしまうので、それ以外のフタはダメです。
私はうっかり閉めて、カビさせたことがありますので、これも気をつけてくださいね。

氷砂糖は、3等分して、初日、3日後、6日後に、いれます。
重石は、梅の量の1.5倍くらい。
私は梅がつぶれてしまうのがもったいない気がするので、3日目くらいで梅酢があがってきたら、重石の3分の1を取ります。梅酢が梅に浸るくらいまでになったら、また3分の1を取ります。(我が家は6日目でした)

我が家の梅は、漬けてから今日は6日目。しっかり透明な梅酢が上がってきて、今年もいい感じです。
美味しい梅干しになりますように〜!
[PR]
by sakura42499 | 2013-06-26 10:18 | 手づくり。
d0066341_2064376.jpg
新しいおうちになって、日の目を見たもの中でも、特に大活躍しているのが、こちらの「棕櫚の長ほうき」。

フローリングがたくさんになったので、掃き掃除の面積が格段に増えました。
でもでも、この棕櫚の長ほうきのお陰で、とってもラクチン。
柄の長さが使いやすく、ゴミを残らずキャッチしてくれてる感じ。
掃除機をつかうよりも、フローリングには、こっちがあってる気がします。エコだしね。

いいほうき...買っておいてよかった。
d0066341_207376.jpg

[PR]
梅の清々しい香りを楽しめる時期になってきました。
毎年、楽しんでいる梅仕事ですが、今年は、いつもと違い、気合いが入っています。

なぜかというと...

実は、去年。
梅干しが、とてもいい出来だったので、梅干し品評会なるものに出品してみました。そしたら、なんとっー!を頂いたのです!@@
梅干し作り歴5年目の快挙です!(;_;)
...てなわけで単純ですが、今年は、鼻息荒く、たくさん漬ける!気、満々なのであります。
d0066341_11392725.jpg
まず手始めに...
梅シロップと小梅漬けを作りました。手前の梅は、完熟ぎりぎりまで待って、梅干しにする予定です。
こちらの梅、梅干し作りを応援してくれいる、学生時代の友人から届いた「佐布里」という梅の里の無農薬梅。配達のおじさんが、「いい香りだね〜」って届けてくれた、大事な梅です。私の喜ぶツボを心得ていていて...友達ってありがたいですね;;
おいしい梅干しにして、返すから待っててね〜♪
[PR]
by sakura42499 | 2013-06-13 11:53 | たべる。
新居では、あまり家具は買っていなかったのですが、そんな中、よいしょっと頑張って、先日、「ダイニングテーブル」と「椅子」を買いました。

悩んで悩んで...引っ越ししてから、ようやく予約。
結局、引っ越しして2ヶ月後の先日、納品と相成りました。

買ったのは、こちら。
d0066341_1311028.jpg

椅子は、「pepe chair」。
宮崎椅子製作所、村澤一晃さんデザインの名品です。

随所にpepe(胡椒)のように隠し技術を駆使し、座り心地をとことん考えて作った椅子...というだけあって、すごーーーーく座り心地がいいです。

我が家には、アンティークのかわいい椅子があって、そちらもすごく気に入って使っているのですが、このpepe chairとの座り心地の差は歴然。
ずっと座っていたくなる、全然疲れない。
椅子って、こんなに違うもんなんですね。

実は、まだ椅子二つしか届いてなく、あと二つくる予定です。
追加の二つは、デザインが少し違う、アームチェアーを頼みました。
こちらの座り心地もとても楽しみです♪
今の二つは子ども達に、アームチェアーは、ゆったり落ち着ける感じなので、大人の私たちが使う予定です。

贅沢な出費でしたが、本物を一生使うという気持ちで、大切にしたいと思います。
[PR]
先日、
小学校の集まりで、教頭先生がこんなお話をされていました。

「こどもたちは、たくさんのをもっている。
 その中の一番いいを、上手に伸ばして育ててあげるのが、
 うまい子育てなんじゃないか」

…と。
ガーデナーの端くれには、心に沁みる言葉でした。

畑作業をしていると、元気のいい芽がたくさんでても、
美味しい実をならせる為には、何本かをあきらめて、
一本に決めなくちゃいけない時がある。
どれもこれも...と欲張っても、結局は小さい実しかできないものね。

奥が深い言葉でした。

d0066341_10553764.jpg
お向かいの方から頂いた深紅のバラ。気品のある深い紅。
ほんの一瞬の美しさ…魅かれます。
[PR]
by sakura42499 | 2013-06-07 11:01 | 子育て。
d0066341_2254274.jpg
今日は、畑のじゃがいもの収穫をしました。
2ヶ月半ほど前、引っ越ししてきて、まず始めに、実家の父が植えてくれたじゃがいも
葉が黄色くなって、倒れてきてしまったので、少し早いかな〜と思いながらも収穫したところ、立派になっていました〜!

学校から帰ってきた、息子と娘と一緒に掘り掘り...
娘は、おもむろに並べ始め...
何してるのかなーと思ったら、数を数えていました。小さいのも合わせて...270個!だそうです。(とっても小さいのも合わせてですが;)
途中、間引きが遅かったのもあって、小さいものもたくさんですが、大豊作です♪お父さん、ありがとう♪

d0066341_22564249.jpg
しかし。

この光景、どこかで見たことある...
この子、小さいときも並べてたっけ...なんて。こっそり可笑しかった母でした。
[PR]
by sakura42499 | 2013-06-05 23:17 | Garden。
d0066341_8274553.jpg
思いがけず、舞い込んできた、STAUBのお鍋。
お祝いに!と二つも頂いてしまいました。
とても高価なのは知っているだけに、恐縮しつつも...とっても嬉しいー;

ルクルーゼのお鍋が流行る中、結婚のときに揃えた、ステンレス鍋セットと、圧力鍋があれば、ほぼ用を達してしまうので、食卓に置けるような、素敵なお鍋というものは持っていませんでした。
でも、欲しくなかった訳ではない。(笑)
いやー素敵です。どこに置いても絵になる...なにより、料理のテンションアップがミソです。(笑)

見た目が素敵なのは、もちろんですが、お鍋としても、スゴいのです。

ふたの裏側の突起(ピコというらしい)がついているのですが、食材の旨味を含んだ蒸気がピコのお陰で、雨のように降り注いで循環するそうな。無水鍋なので、旨味が逃げないんですね。

これで煮込むと、とっても素材の味を感じます。
先日、野菜たっぷりのスープをコトコト煮て、お友達に食べてもらったのですが、おかわりー♪してくれました。
ただのスープもご馳走になりましたよ。
冬になったら、ストーブの上において、コトコト煮物を...なんて想像して、ムフフ♪
クリスマスの時期に、このクリスマスカラーのお鍋を並べるだけで、またまたテンション上がりそうです。ありがとうございました!
[PR]