<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ここ2日間ほど、ちゃんと寝てない私。原因は、「歯痛」。
数週間前から、なんか嫌な感じはあったんですが、歯医者さん嫌いとすぐに娘を預ける場所がないのとで、見て見ぬ振りをしていました;
それがいけなかったのか、急に夜になると、突き刺さるような痛みが走り出した・・・これは危険・・・神経まで入ってるかも。(汗)

重い腰を上げて、昨日歯医者さんに行ってきました。調べてみると、歯医者さんでも、子供と一緒に診察室に入ってもいいところがあるんですね。早速、電話して子供連れでもOKかと確認すると、快くOK。

ところが、先生と話をするにあたって、「妊娠してますか?」との問いに、「たぶん、してません」と答えてしまった。「たぶん・・・」というところに引っかかった先生。「可能性があるなら、レントゲンは止めておかないと。麻酔もダメですね。」
挙句の果てに、「今日はクリーニングだけして、またその可能性がなくなったときにきてください。」ですって;;

え~~!この痛いのはそのまま??我慢強い私が、本当に痛いんですけどー;;妊娠も本当にしてない・・・と思いつつ、1パーセントでも可能性があったら、危険なことなので、そこを無理やりは言えず・・・
「仮に本当に妊娠してたら、この歯はどうすればいいんですか?」と苦し紛れに聞いてみたら、「麻酔、レントゲンなしで無理やりやるか、安定期まで待つか、できれば産んだ後で治療できればベストですね。」ですって;妊婦が虫歯になったら、たいへんなんですね;自分の無知を思い知らされました;

ただ、一緒に診察室に入った娘は、近くの椅子に座らされて、じっと見ていてくれました。とても助かったので、思いっきり褒めたら、得意げに「お母さん、遅いよ~待ちくたびれちゃった!」ですって。一丁前なことを・・・。(苦笑)
次回からもどうかこの調子でお願いしますね。

d0066341_14455165.jpg

結局、おっしゃるとおり、クリーニングをして、当然のことのように、痛み止めの薬もくれず、帰されました。
しばらくは痛みと戦わなくてはいけないようで、辛い夜が続きそうです;(泣)
[PR]
忘れられない風景があります。
海外旅行をいくつかしてきましたが、また何処へ行きたい?と聞かれたら、
(ドイツは置いておいて・・・)「スペイン。」と答えます。
ヨーロッパの中でも少し異質で、イスラムの文化が融合していて、混ざり合った美を感じる国でした。

スペインでは一週間、同じホテルに滞在して、車をレンタカーして、南の方をいろいろ出回りました。日本ではあまり無いですが、ヨーロッパ人の休みの取り方は、短くて1週間、長いと3~4週間くらい休んでます。休暇を取る為に、仕事をしてるんだ!ってのが伝わってきます。(笑)
それでも許される社会って素敵ですよね。日本も早くそんなゆったりとした国にならないかなぁ・・・
d0066341_044099.jpg
さて、私の強烈な印象は、「カサレス」という町。
山奥の町なんですが、山一つが真っ白な家々の町で覆われてます。こんな美しい町を人の手で作り出せるんだ~!と、とても感動しました。ちなみに、ここは世界遺産に登録されています。

d0066341_0571335.jpg←左は、町の中の風景。狭い路地と坂ばかりですが、本当に美しい白い街でした。ゼラニウムの花の飾り方も素敵♪
d0066341_043327.jpg
右上は、近くのお店で買った、「カサレス」の絵。
絵というか、バティック(布の版画)で出来てます。ドイツに帰って、額屋さんで額装してもらったら、いい感じに。あの風景をいつでも思い出せるように、今もリビングに飾ってあります。

d0066341_0432066.jpg町から町へ、旦那様の運転で移動してもらったんですが、そこでびっくりしたのが、この風景。→
全部、オリーブ畑です。
80~100km位は移動してると思うのですが、ずう~っと見渡す限り、延々と続く、オリーブ畑。圧巻でした。

オリーブって、赤茶けた枯れた大地で、水気がなくても、育つ植物だったんだんですね。植物を育てる時は、原産地を調べると育て方が想像しやすいのですが、まさしくそれを目の当たりにした気分でした。
素敵なところがありすぎて、見切れなかったスペイン。
ぜひ、また違う地域にも行ってみたいです。
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-30 01:14 | 海外旅行。
先日、本屋でふと見つけた、私の思い出。
ユニコ」というアニメ(漫画)を見たことのある人いませんか?
手塚治虫さん原作のアニメで、人を幸せにする魔法が使えるユニコーンの子供、ユニコの冒険のお話です。

私が幼稚園ぐらいのときに、劇場版のものが放映されたのですが、それが私が見た初めての映画でした。
それ以来、しばらくはまっていて、ユニコの絵ばかりを描いたり、本を買ってもらったり、映画の音声が入っているレコードも買ってもらって、フレーズをしっかり覚えるほどのお気に入りでした。そんな思い出の「ユニコ」が、先日、本屋でDVDで売っていたので、早速、衝動買い。(笑)

d0066341_2171675.jpg少し前に、私が小さいときに読んでいた本を、実家から娘用に持って帰ってきて、時々読んで聞かせていました。
なので、娘もユニコのことはよく知っています。
(左が本で、右が今回買ったDVD。)


今日、早速、見てみました。
感想は・・・やっぱりよかった~♪ 夢があって、かわいいユニコ。
イルカさんが、ナレーターと歌を歌っているのですが、とても温かくって。
少し怖いシーンもあるので、本当はもう少し娘が大きくなってから見たほうがいいのかもしれないけど、ユニコがユニコーンに変身するところなどは、娘も大興奮!S(娘)が私のようにはまるとも思えませんが、こんな夢の世界を頭の中に思い描けたら、素敵だなぁ・・・と思います。^^

d0066341_212540.jpg


さて、話は変わって、こちらはこないだから作っている、幼稚園グッズのおまけ。
ティッシュケースなんですが、簡単にできたので、2つ作って、一つを娘の仲良しのお友達にプレゼントしました。^^
[PR]
クリスマスに使って、途中になったろうそくが残っていたので、削って新しくろうそくを作ってみました。芯にタコひも、蝋の中には、キッチンから食紅を入れて色付けしました。なかなかいい色が出ました。^^

d0066341_11551066.jpg割り箸に芯をつけて、溶かした蝋を付けては、乾かし、付けては乾かし・・・
たぶん30~40回くらいはしたかな;かなり時間がかかりました。もう少し蝋の温度が低くなってからすればよかったのかも。
できあがったのは、なんとも味のある、でこぼころうそく。吊り下げてると、唐辛子みたいでかわいいです。(笑)
娘も楽しかったらしく、「ろうそくってこうやってできるんだねぇ~」と一緒に作ってくれました。


途中、真剣になってる私に飽きた娘。
バナナを持ってきて、クイズが始まりました。d0066341_11553349.jpg

「これ、な~んだ?」

何だとおもいます?(バナナ・・・なんて、夢の無い答えはダメですよ。笑)

娘の答えは、
「とりさん~!」でした。
確かに目とクチバシ、ありますよね。言われると、鳥にしか見えなくなってくるから、親バカな私。
d0066341_14312082.jpg
・・・と話がそれましたが、ろうそくは、乾いた後に底を切ったら、ちゃんと立ちました。手間がかかった分、使うのがもったいない。(笑)
これは、しばらく飾っておこうかな。^^
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-25 14:37 | 手づくり。
d0066341_836318.jpg
ドイツの北、「Husum(フーズム)」という、クロッカスで有名な町があります。
これは、2年前の丁度今頃の時期に撮ったものです。

クロッカスは、まだ寒い時期から先駆けて、花をつけるので、ヨーロッパでは、春を告げる花とされているそうです。このフーズムの町には時期になると、この公園を中心に野生のクロッカスが咲き乱れます。話によると、以前この場所には修道院があって、修道僧たちが高価なサフランを取ろうと、一生懸命植えたそうです。ところが、このクロッカスからはサフランは採れなかった。(苦笑)

この公園、かなり大きいので、修道僧達の努力と苦労を考えるにつけ、気の毒でなりませんが、修道院があったのが15世紀というから、それ以来500年以上も彼らは、クロッカスの春の楽しみを人々に与え続けてきたわけです。クロッカスの球根の強さにも拍手ですよね。
今では、時期になると、フーズムの町にはクロッカス目当ての観光客が溢れ、クロッカスで町は有名になっている様子。500年の時を経て、私たちがこのすばらしい景色をみることが出来るのだから、修道僧達の努力は決して無駄ではなかったですよね。
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-23 08:40 | Garden。
幼稚園グッズ、第二弾。今回は、「絵本バック」を作りました。
絵本バックなので、絵本の世界から飛び出たようなキャラクターを付けたらどうだろう・・・と思い、ブルンミをアップリケしてみました。(chankoさん、早速まねっこさせてもらいました♪)
d0066341_965076.jpg
本当は、「くまのがっこう」のジャッキーをアップリケしようと、型紙を作っていたのですが、作っている途中に、娘に「ブルンミの方がいいよ・・・」とつぶやかれてしまった;ん・・・確かに洋服を着ているジャッキーより、ブルンミの方が楽かも・・・と私の心の声もつぶやく。(笑)
・・・ということで、型紙を作り直し、ブルンミのアップリケを作りました。

d0066341_963279.jpgアップリケを作ったのは初めてでしたが、やり始めると、糸で絵を描いているみたいで、結構楽しい!
入れるものが本なので、強いデニムの生地に、少し可愛らしさを出そうと、赤のステッチを入れてみました。本をたくさん入れても、すっきりするように、底と側面にマチを入れてあります。

作ってるうちに、だんだん楽しくなって、突き進んでしまったのだけど、ちょっと幼稚園に持っていくにはどうなんだろ。渋すぎたかな。(^-^;)
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-21 09:11 | 手づくり。
今日は「しぜんっこくらぶ」の日。
先月は風邪で行けなかったので、2ヶ月ぶりの久しぶりです。

今日は「竹ご飯作り」と「どんと焼き」。
しぜんっこくらぶの活動は、最初から最後まで自分達の手で・・・というところがとても気に入っています。
d0066341_15202828.jpg竹ご飯作り」は竹やぶから、竹を切り出すところから始まり、竹を各自が切って、小窓をつけ、ハンゴウのように、中にご飯を入れて炊く。ご飯を炊く・・・といっても、火起しから始まって、モクモクの煙と格闘;; 火の加減を見ながら、数十分後、ようやく炊きあがりです。
途中、娘は煙が目にしみるのと、お腹が空いて、大泣き;;確かにこんな風に、「ご飯を食べよう!」と言ってから、時間をかけてご飯が炊き上がるのを待ったことはなかったね。(^-^;)

どんと焼き」はハンゴウに使った竹を組んで、持ち寄ったお正月飾りを焼きました。この煙を浴びると、一年風邪をひかないそうですね。こないだから風邪引き三昧の私達。さっきSAKIに「お母さん、お参りの匂いがするよ」と言われるくらい、しっかり浴びてきました。お参りの匂いって・・・(^-^;)

d0066341_15205795.jpg
d0066341_15211881.jpg
最後は、マシュマロを竹串にさして焼き、ビスケットに挟んで食べさせてもらいました。

マシュマロが焼くと美味しい・・・とは聞いていたけれど、とろぉ~として、とっても美味!バーベキューの時は、次回からマシュマロ&ビスケット、必需品かも。途中から、泣きのスイッチが入ってまった娘でしたが、このマシュマロを食べてご機嫌もすっかり直りました。やっぱり女の子は甘いものには弱いのよね。(笑)
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-20 15:30 | 子育て。
来月の初め、幼稚園の一日入園があるなぁ・・・とお知らせを眺めていたら、

「あ!」

幼稚園グッズを作らなくちゃ・・・と気が付く。よくよく見てみると、お弁当箱入れ、コップ入れ、絵本バック、体操服袋、お着替え袋・・・全部で5つも?!サイズの指定のあるものもあって、手間もかかりそう。早速、手持ちの生地で作れそうな、「お弁当箱入れ」と「コップ入れ」を作ってみました。

d0066341_13421743.jpgd0066341_13423298.jpg












中身(お弁当箱とコップ)は、キャラクターモノになったので、袋ぐらいは母の趣味でさせてね♪さくらんぼの生地は、stadioMのファブリック。この生地を選んだときから、何か娘のものを作ろうと思っていました。リネン地なので、きっとたくさん洗っても、くたくた加減がいい感じになりそう。

d0066341_13412519.jpg何故かお弁当袋の指定は、こんな(→)サイズ。ランチョンマットとして使うのかな?中が袋状になっていて、折り曲げて包むようなんだけど(折り曲げた状態は右上↑。)、そのままだと落ちそうなので、ボタンをつけてみました。
なかなか良い感じに出来たかな?まずまず気に入ってるみたいだし、なんとかホッ。よ~し、この勢いで、他のモノも頑張るぞぉ♪
[PR]
by sakura42499 | 2006-01-17 13:52 | 手づくり。
Four Leaves」のsnowさんより、「印象バトン」というものが回ってきました。遅くなってしまいましたが、少し考えてみたので、書いてみます♪

1.回してくれた人の印象
snowさんは、物腰が柔らかくて、とても優しい印象です。2人の娘さんも愛情深く育てておられるなぁとお話を聞く度、感じています。温かさを感じるsnowさん、普段もきっと、自然と周りに人が集まってしまうようなお人柄なんではないでしょうか。これからも育児の先輩として、いろいろ教えてくださいね^^

2.周りから見た自分はどんな子だと思われていますか。
  5つ述べてください。

周りから見た・・・って私が考えるのとは違うんだ。(^-^;)
今までに言われたことがあるのは・・・

 ・しっかりしている(一番言われるけれど、実は一番合っていない私の第一印
  象。しばらくすると、すっとぼけでおっちょこちょいなのがすぐばれます;)
 ・器用そう
 ・怒らなそう
 ・悩みがなさそう(・・・そんなことないんですが;)
 ・話しかけやすい

3.自分の好きなタイプについて5つ述べてください。
 ・自分のある人
 ・人を思いやる優しさのある人
 ・ものを大事にする人
 ・人の話を聴ける人
 ・前向きな人
・・・なんか、並べると小学校の壁とかに書いてありそう。(笑)

4.反対に嫌いなタイプは?
  一生懸命な人を笑うような人。心のない人。

5.自分がこうなりたいという理想像はありますか?
以前も記事にした、ターシャ・テューダーさんでしょうか。あまり、今すぐこうなりたいという理想像はありません。ながーい時間をかけて、ああゆう偏屈だけど筋の通った、素敵なおばあさんになりたいなぁ。自然いっぱいの中に、自分達で手をかけた家、年季の入ったお気に入りのモノ達に囲まれて暮らすことができたら幸せだと思います。

d0066341_14435546.jpg6.自分のことを慕ってくれる人に叫んでください!
 出逢えたことに感謝しています♪^^

7.そんな大好きな人にバトンタッチ!
 5人はムリですが、お願いしてみますね。
 やりたい方おられたら、ぜひご一報を♪

風邪引き三昧で、家に籠りきりの先週、昨日1週間ぶりの外出しました。元気を貰おうと、お花屋さんに寄ったらかわいいチューリップを見つけました。温かい部屋の中ですっかり開いてしまいましたが・・・。チューリップにスイトピー・・・お花屋さんはもう春でしたね~
[PR]
年末に買ってもらった、ひさしぶりの大物。
結婚以来、私がずぅ~っと欲しかった、洋服ダンス。・・・そうなんです、いままで我が家にはちゃんとしたタンスがなかったのです。(^-^;)
結婚のとき、母が揃えてくれると言ったのですが、バタバタした中でお気に入りが見つけられなかったこともあって、先延ばしに延びて、かれこれ結婚から6年目。(大汗) ドイツでもかなり探したんですが、大きすぎたり、装飾がありすぎたり、コレというものには当たりませんでした。
そしてようやく見つけた、「府中家具の桐箪笥」。

d0066341_1422676.jpgいろいろ探して、箪笥という性質と木材の話を聞くに付け、やはり優れているのは「」とのこと。釘を一切使わず、底板まで無垢材を使い、職人が丁寧に作ったのが分かる良品です。
昔、母が使っていた箪笥もそうでしたが、気密性がいいせいか、一つの引き出しを閉めると、他の引き出しが勢いで開いたりします。ちょっと危ないけど。(笑) 私はもう少しデザインが入っていてもいいかな・・・とも思ったのですが、これこそ、一生モノ。シンプルな収納力のある箪笥がいいだろうと話がまとまりました。

買ったのは、「桐野屋」さんという、いい家具を良心的に扱っているお店。
北欧の雑貨なども置いてあって、以前からちょこちょこ足は運んでおりました。ここで、数ヶ月前社長さんとお話したのが、出会いでしょうか。桐の良さを長時間説明して頂いて、夫も私も洗脳されて帰ってきました。(笑)いいのか悪いのか、いいモノを知ると、他が目に入らなくなってしまう、私達。値段もしっかりしていたので、かなり悩んで、通うこと3度・・・(笑)ようやく我が家へ呼ぶ決心がつきました。(^-^;)

まだ、年末のバタバタに加え、箪笥に収納し切れてないのもあって、しばらくはお部屋の片付けに手をとられそうです。急ぐものでもないので、ゆっくり楽しみながら箪笥を味わいたいと思います。
[PR]