<   2005年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

    「お花だったら」d0066341_22573075.jpg

    もしもわたしがお花なら、
    とてもいい子になれるだろ。

    ものが言えなきゃ、あるけなきゃ、
    なんでおいたをするものか。

    だけど、だれかがやって来て、
    いやな花だといったなら、
    すぐにおこってしぼむだろ。

    もしもお花になったって、
    やっぱしいい子にゃなれまいな、
    お花のようにはなれまいな。    (金子みすゞ豆文庫より)



今日、金子みすゞさんのこの詩に出逢いました。
ふと立ち寄った、書の展覧会で、この詩を書いておられる方がおられたのです。この詩を読んで、涙がでました。花のせつない気持ちとその大きな優しさと、人の小ささみたいなものが、なんだか、わぁーっと流れてくる気がしました。

文学とは縁遠い私なので、意味を深くは理解できてないかもしれませんが、感覚的に感動した・・・といいますか、不思議な感覚・・・きっとパワーのある詩なんでしょうね。
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-30 23:00 | Garden。
みなさんのおうちでは、子供さん、何時ごろ寝てますか?
どうやって、寝かしつけてますか?

SAKIは寝つきがとても悪いです。これが私の悩み事;
今日も9時に布団に入って、寝入ったのは、10時40分・・・はぁ~;
寝る前に数冊、本を読んで、部屋を真っ暗にして、そこから下手したら2時間もあります。私が怒らないで、付き合えるのは、1時間程度;それを超えると、無駄だと分かっていながらも、「もう寝なさい!!!」と怒ってしまいます;;
例外にもれず、今日も怒ってしました;反省;;

昼間の運動量の問題かと、夕方に毎日散歩をするようにしたり、午前中も極力、体を動かすように心がけてはいるのですが、残念ながら、効き目はありません;お昼寝は、だいたい、昼の2・3時に、1時間~2時間くらい。ほっとくと、起きないので、起こすようにしてます。

昼寝がいらないんじゃないか?と、一週間くらいお昼寝なしを試してみたのですが、夕方5・6時くらいに寝ちゃって、夜中11時、12時頃に「お腹すいた・・・」と起きてくる。これじゃ、やっぱりなぁ~;とお昼寝ありに戻しました。

ちなみに、朝起きる時間は、どんなに遅く寝ても、いつも決まって、7時20頃です。これは、旦那の出勤のために、私達がバタバタするからですが。

私自身、何か考え出すと、頭が冴えて眠れないところがあるので、もしや遺伝??と思ったときもありましたが、まさかこんなチビが考え事っていうのもねぇ。(^-^;)何かいいご妙案がありましたら、ぜひ伝授してくださいませ;
d0066341_0465580.jpg
文とは関係ありませんが、先日海で作ったオブジェ(?)。ちなみにこれがSAKIで、他にお父さん、お母さんも作りました。
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-29 00:52 | 子育て。
ひさしぶりの旦那の3連休。
一泊二日でですが、長野へ行ってきました。「旦那のお友達家族と会う」という名目を盾に、私はここぞとばかり、行きたいお店をちぇっく♪

以前から気になっていた、長野市の「ギャルリ・カフェ・夏至」「松葉屋家具店」、松本市の「陶片木」「ぎゃるり灰月」へ行ってみました。

どこもオーナー(スタッフ)の方の審美眼が冴えてて、欲しいものがたくさん・・・;最近は、モノを増やさない路線で行っていたのに、誘惑にあっさり負けてしまいました。(^-^;){長く使えるはず・・・これで毎日を楽しく暮らせるなら、これぐらいの投資は必要・・・!}・・・と心の中で繰り返しながら買ってしまった、誘惑のヌシ達はこちら。↓
d0066341_913235.jpg
ドイツで出逢って以来、我が家で増え続けている白いイッタラ。アイボリーがかった白が、料理をとてもきれいに見せてくれます。料理を盛るのが楽しいので、我が家で出番が一番多いかも。今回は、リムのあるタイプを。
「松葉屋家具店」にて。
         d0066341_933111.jpg

木のコースター。少し重みがあって、線のきれいさが気に入りました。
どうアレンジしようか考えるのも楽しい♪「ギャルリ・カフェ・夏至」にて。
      
d0066341_935037.jpg旦那用「うるし箸」。もし壊れたら、ちゃんと修理をしてくれるそう。ものを大事にしていこうという作家さんの姿勢に拍手!「陶片木」にて。





d0066341_2349344.jpg淵の乳白色のあまい感じが気に入った、大正ガラス(っぽい?)のシリーズ。
「陶片木」にて。


子連れ・夫付きでのギャラリーめぐりは、駆け足でじっくりは見れなかったけれど、いいものに出会えて、すっかり満足して帰ってきました^^
[PR]
ドイツにいる間に乳飲み子のSAKIを抱えて、いろいろな国を散策してきました。中でもとても印象に残っている国の一つに、「アイスランド」があります。場所は、北欧とグリーンランドの間、北極圏のすぐ下にある、日本からはとても遠い地。氷河も残り、地球の果てという荒々しさの残る、大地の力をたっぷり体験できる国です。

・・・といいつつ、恥ずかしながら、ドイツに行くまで、「アイスランド」の存在は知りませんでした。そんな私達がなぜ、アイスランドへ行こうと思ったか?それは、ドイツ人の旅行好きの友達の、ある一言がきっかけでした。

「いままでで、旅行して一番いいと思ったところはどこ?」
「カナダやフィンランドも良かったけど、一番空気が美味しいと感じたのはアイスランドかな。」と。

ん?一番美味しい空気??
それを聞いたら、その「美味しい空気」、吸いに行きたくなりました。

実際に飛行機から降り立った直後の感想は、「ここは地球?、火星??」という感じ。空気が美味しい場所と聞いていたから、緑に囲まれた大地を想像していたのですが、そこは、コケや溶岩ばかりの荒涼とした大地。しかし、一度足を踏み入れると、初体験の宝庫でした。

ブルーラグーンと呼ばれる、青みがかった乳白色の巨大温泉。ギャウと呼ばれる、地球の割れ目。グリフォスの黄金の滝。どれも、その存在感と、迫力はすごく、素直に感動してしまいました!でも、一番のお気に入りは、「ゲイシール(間欠泉)」。これは説明するより、写真を見ればすぐ分かるかしら・・・
d0066341_23564544.jpg
                  ゲイシール休憩中。
d0066341_23571732.jpg
十数分後に穴からお湯が溢れ・・・そしてほんの一瞬、この神秘的なドームを作ります。その直後、十数メートルのしぶきを上げて爆発します。

メカニズムはよく理解できませんでしたが、その不思議な自然の力にSAKIそっちのけで釘付けになってしまいました。とてもとても・・・キレイだったのです。友人の言っていた、美味しい空気をたっぷり吸って、自然の大きさに触れて、自分の中の何か常識のようなものが、また一つ壊れた気がします。
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-24 00:08 | 海外旅行。
昨日、べーグルをつくりました。先日、初めて作ったのですが、なかなかうまく焼けたので、今回は、べーグル好きの友達にプレゼントしようと、少し多めに作りました。

表面は少し固めでしたが、中はモチモチ♪甘みもあって、これははまりそうな味です。表面にケシの実をつけたのですが、香ばしさが増して、いい感じに仕上がりました。レシピは、「COOKPAD」から頂きました。卵アレルギーにも安心だし、パンを作るよりは、お手軽に焼けたので、お勧めです♪
d0066341_8554377.jpg
             プレゼント用に包んでみました♪
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-22 09:00 | たべる。
今日は、隣町の子育て支援センターで「リトミック教室」があるときいて、行ってみました。
私が言うのもなんですが、SAKIは、歌と踊りが上手です。
たぶん、彼女の中では、一番の得意分野だと思います。
・・・なもので、リトミック、興味はあったのですが、実際に参加するのは、今日が初めて。

瞬発力、リズム感、表現力・・・簡単なリズム遊びの中でこんなことが培われると先生がおっしゃっていました。
そういえば、幼稚園でもリトミック実践してるところがあったなぁ。。

時間は1時間だったのですが、SAKIは最後まで一番前に陣取って、頑張っていました。
目を輝かせて集中している様子を見られて、私も嬉しくなりました。^^
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-22 02:05 | 子育て。
雨続きの梅雨の間に、SAKIの家を作りました。
材料は、先日、買い換えたオーブンが入っていた空き箱、と母からもらった(もう使わないであろう)ハギレ。

カッターで窓を切って、ボンドで布をくっつけただけの簡単な家でしたが、
SAKIの反応は、思った以上に良好♪
遊びの始まりには、「SAKIの家に来て!」と誘われるようになりました。
・・・かといって、残念ながら、狭くて私は頭しか入れませんけれど。(^-^;)

d0066341_0113261.jpg
気に入ってる証拠でしょうか、昨日は「SAKIのだから!!」と友達を断固入れてあげられませんでした;;ごめんね;Sちゃん;
d0066341_0121776.jpg
「絵を描いていい?」と言われ、許可したところ、室内は落書きスペースに早代わり。        これは、「おいもちゃん」だそうです。
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-19 00:23 | 子育て。
写真を整理していたら、娘が生まれたころの写真で面白いものが出てきました。
これは、娘が生まれたとき、主人が駐在していた会社の人たちがお祝いしてくれたときの模様です。
とても気持ちがこもっていて、主人も家族である私達も受け入れてくれる温かさに、胸が熱くなったのを覚えています。
日本の会社でもこんな慣習があれば、素敵なのに。
d0066341_22132913.jpg
         主人の机の上のお祝いのデコレーション。
d0066341_22134142.jpg
         哺乳瓶の中身は5ユーロ札がいっぱい。みんなからのご祝儀だそうです。
[PR]
去年の夏ですが、作ったSAKIのワンピース。
伊藤まさこさんの「こはるのふく」よりパターンをおこしました。
実は、これ同じものを2つ作りました。
一つは、ドイツに居るとき、仲良くしてくれた、SAKIのお友達のMelinaにあげてきました。Melinaは、お向かいに住んでいた、SAKIとは誕生日が一日違いの女の子。すごい偶然ですよね。残念なことに、SAKIはもうドイツのことはあまり覚えていないけれど、この服は記念にずっと残しておこうと思っています。いつかこれを見ながら、Melinaのことを話してあげれたらいいな。


d0066341_1514280.jpgd0066341_151165.jpg
[PR]
by sakura42499 | 2005-07-16 15:04 | 手づくり。
ちくちく手を動かすことは好きです。
SAKIが産まれてから、家に居る時間も増えたせいか、手作りのものが多くなりました。最近作った「コースター」。パッチワークするのは初めてでしたが、結構気に入ってます。ミシン縫いより、温かみが出るかなぁと思って、手縫いにしました。市販のコースターも持っていますが、自分の作ったものはでこぼこですが、愛着があって使いたくなるから不思議です。

d0066341_1516319.jpg

[PR]
by sakura42499 | 2005-07-15 15:08 | 手づくり。